スマホ独自デザインタグ

買い物かごページ

▼買い物かご表示制御タグ

タグ 説明 入力例
買い物かごに商品がある場合、
<{if $basket}>〜<{/if}>で囲まれた内容を表示します。
<{if $basket}>
	買い物かごに商品がある場合のHTML
<{else}>
	買い物かごが空の場合のHTML
<{/if}>

▼買い物かごの中身表示タグ

初心者向けかんたんデザイン

タグ 説明 入力例
買い物かご【簡易版】を表示します。

上級者向けカスタマイズデザイン

タグ 説明 入力例
買い物かご【詳細版】を表示します。
※<{$basket_info}>を使用せずに、HTMLで細かくデザインすることができます。
以下のタグは<{$loop_basket}>〜<{$loopend_basket}>内で使用してください
カゴ内の番号を表示します。
商品画像のパスを表示します。
<img src="<{$basket.img_path}>">
商品名を表示します。
商品単価を表示します。
単価:<{$basket.unit_price}>円(税込)
商品価格を表示します。
価格:<{$basket.price}>円(税込)
ポイントを表示します。
<{$basket.point}>ポイント
商品詳細へのリンクURLを表示します。
<a href="<{$basket.detail_url}>"><{$basket.name}></a>
商品特殊表示に登録した内容を表示します。
オプション選択内容を表示します。
名入れオプション入力内容を表示します。
注文数量の入力フォームを表示します。
注文数量変更リンクURLを表示します。
<a href="<{$basket.qut_chg}>">数量変更</a>
カゴに入れた商品を削除するリンクURLを表示します。
<a href="<{$basket.del}>">削除</a>
カゴに入れたまとめ買い割引対象商品に対し、管理画面で設定した「表示案内文」を表示します。

【商品管理】>【商品の設定】>【まとめ買い商品管理】

<{if $basket.is_matomegai_enabled}>
    <a href="<{$basket.matomegai_url}>"><{$basket.matomegai}></a>
<{/if}>
まとめ買い対象商品一覧画面へのリンクURLを表示します。

▼買い物かごページ内基本タグ

タグ 説明 入力例
合計価格を表示します。
注文するリンクURLを表示します。
<a href="<{$order}>">注文する</a>
Amazonログイン&ペイメントをご契約済みの場合、「Amazonアカウントでお支払い」ボタンを表示します。

【ショップ作成】>【決済・注文関連の設定】>【Amazonログイン&ペイメントの設定】

<{if $cart.is_use_amazon_pay}>
<!-- Amazonログイン&ペイメント決済をご契約済みの場合のみ表示  -->
	<{$cart.amazon_pay_button}>
<{/if}>
ショップへ戻るリンクURLを表示します。
<a href="<{$go_shopping}>">買い物を続ける</a>
買い物かごを空にするリンクURLを表示します。
<a href="<{$clear_basket}>">買い物かごを空にする</a>
会員グループ名と特典を表示します。
送料無料になる金額と現在の注文合計金額との差分を表示します。
<{if $free_carriage.price != 0}>
あと<{$free_carriage.price}>円で送料無料です
 <{else}>
今回のお買い物は送料無料になります
<{/if}>
「買い物カゴ画面での送料無料表示」のご案内文面を表示します。

【ショップ作成】>【配送関連の設定】>【配送タイプの設定】

まとめ買いの「詳細を見る」リンクURLを表示します。
<{if $cart.is_matomegai_enabled}>
    <a href="<{$cart.matomegai_url}>">詳細</a>
    <p class="matomegaiPrice"><{$cart.matomegai_discount}>円</p>
<{/if}>
            
まとめ買い適用後の割引額を表示します。
表示制御に便利なifタグ
<{if $free_carriage.message}>
    <p class="carriageMesseage"><{$free_carriage.message}></p>
<{/if}>

上のように書いた場合、「配送表示のご案内文面」が登録されていれば、<{if $free_carriage.message}><{/if}>で囲んだ中身を表示します。登録がない場合は何も表示されません。
<{if }>の中にはどのタグでも記述が可能です。表示制御にご利用ください。